当院の腰痛への整体施術

腰痛を訴えて来た方に対して一目散に腰を揉んだりマッサージは致しません。

 

なぜかというと腰が痛いからと言って腰に一番の原因がある事が少ないからです。

極端に言うと腰が痛くても足首や膝や股関節の歪みや捻じれ、また手首や肘や肩の捻じれが原因という方は非常に多いです。

他にも頭蓋骨の歪みや内臓の機能低下により腰痛を引き起こす事も多々あります。

 

当院では腰のみではなくお身体全体のバランスや症状を考えて腰痛を取り除いていきます。

もちろん腰を全く触らないという訳ではございません。

腰の方もしっかりと歪みを取り除き調整させて頂きます。

 

局部のみの施術を受けてきた方には違和感かもしれませんがなかなか改善しない症状でお悩みの方はどうぞお気軽にお問合せ下さい。

なぜ腰痛になるの?

腰は体の要です。

私たち人間は起き上がる、歩く、作業をする、スポーツをする時には腰を中心に力を入れ、文字通り腰を体の要として使っています。
4足歩行の動物には、腰は胴体と臀部の連結部程度ですが、我々2足歩行の人間とっては頭部を含む上半身の重みが腰にズシリとかかり、前かがみで様々な作業をする為そうとうな負担が日々腰にかかります。腰痛は2足歩行の人間である以上避けられない事かもしれません。
腰痛の原因
・運動不足
・肥満
・長時間の同姿勢
・疲労や冷え
・椎間関節や仙腸関節の炎症
・内臓による原因(腎炎、尿路結石、子宮内膜症、月経困難症など)
 これらは臓器だけでなく腰に痛みが波及する事があります。経験上、臓器による腰痛は
 夜間痛を伴う事が多いです。そのような事が頻繁に続く時はまず内科に行く事をお薦めします。
腰痛の予防
・当然の事ですが適度な運動や日頃のストレッチ(背部、腰部、股関節、太もも)に長時間の同姿勢を取り続けない、不良姿勢での座位など日頃少し気を付けるだけで予防になる事があるので、特に腰痛持ちの方は頭に入れていただけたらと思います。
ちなみに座位姿勢での腰への負担は、立位が1とすると座位は3倍近くにもなると言われています。そのことから腰痛の方の座位姿勢は非常に重要になってきます。
疲れたからと言ってだらしなく背もたれに寄りかかる姿勢が腰にも背中にも1番良くありません。イメージ的には骨盤を立てるイメージで座ると自然と背中も伸び腰の筋肉にも負担のない姿勢になるので是非お試し下さい。

ぎっくり腰

西洋ではその強烈な痛みから、魔女の一撃と称されています。
恐ろしい響きのネーミングですね・・・
ぎっくり腰はいわゆる腰の捻挫です。
原因は過度な筋肉疲労の蓄積の為に起こる事が多いです。
輪ゴムも新しく柔軟性のある時は引き伸ばしても、なかなか切れませんが、劣化してくると簡単に切れてしまいますよね。

筋肉も同じで筋疲労が起きてくると収縮性がなくなってきます。
そんな時に不意に体を曲げたり、捻ったりすると筋肉や靭帯に傷が付き炎症症状を起こして激痛につながります。
ですがそうなった時は冷やすの?温めるの?と皆さん悩みませんか?

そう迷ったらとにかく冷やしてた方が無難です。
(いわゆる氷嚢が良いです。冷シップは冷感を感じても冷却効果は期待できません。)
ここで間違ってもして欲しくないのがお風呂に入って自分でマッサージなどをしてしまう事です。
そんな事をしたら炎症症状はより元気になってしまいます。
炎症しているという事は熱感があるという事ですので火に油を注ぐようなものですよね。

私はこの業界に入る前にそんな事をしてしまい症状を増悪させてしまいました・・・


我々専門家が施術する時はもしかしたら急性期でも温める事があるかもしれませんが、お家で迷った時は冷やした方が安全です。
その際も冷やし続けるのではなく、凍傷防止の為15分〜20分で一休みさせて下さい。
症状の酷い時は20分〜30分インターバルを空けて再度アイシングを数回繰り返すのが効果的です。
ぎっくり腰に限らず寝違え・捻挫等も受傷直後の処置次第で治癒経過も変わってきます。
急性症状はまずは速やかにアイシングをして安静ですが一番の治療法です。

▲このページのトップに戻る