自律神経とは?

自律神経とは自分では意識して働かせる事はできません。

 
勝手に働いてくれるのです。逆に自律神経が異常をきたしたらどうでしょう?
自分では意識できないのでなかなか治りませんよね。



その自律神経には交感神経と副交感神経があります。



交感神経は私たちが働いている時などに活発になります。
その他にストレスを感じた時・恐怖・緊張・怒り・不安といった時に良く働きます。

 
副交感神経は疲労物質や老廃物を取り去り体の悪い部分を治してくれます。
特に寝ている時やリラックスしている時に良く働いてくれます。

 

交感神経と副交感神経の関係はシーソーのような関係性になります。


交感神経が働いている時は副交感神経は働いてくれません。


ストレスや緊張により交感神経が過剰に働き過ぎてしまうと副交感神経が働かず脳や体の修復ができなくなってしまいます。交感神経・副交感神経を同時に働かす事はできないのです。


自律神経失調症になるとこの副交感神経の働きが非常に悪くなってきます。


自律神経失調症の方は多くのストレスが蓄積され様々な症状が出てきていると思いますが自分ではストレスなんてと気付かない方も多くいらっしゃいます。

ストレスと言ってもなにも一つだけではありません。ストレスには4つあるのです。

 
ですが精神ストレス=ストレスと思い込んでいる方が大勢います。
他には構造的ストレス科学的ストレス温度・湿度のストレスです。

なぜ自律神経失調症・うつ病になるのか?

ずばり原因はストレスです。

ストレスが過多になり副交感神経(休む神経)の働きが弱くなる事が原因になります。

ストレスは人それぞれ抱え込める容量はあります。乗り越えられるストレスはむしろ良いストレスですが乗り越えられないストレスは苦痛以外のなにものでもありません。そのストレスを上手く排除できないとストレスの容量を越え様々な症状が出てきます。

 

別項でもお話した通りストレス=精神的ストレスだけではありません。他に構造的ストレス、化学的ストレス、温度・湿度のストレスがあります。これらのストレスは4つありますが常に1グループと考えて下さい。合わせて10超えると容量を超えてしまうと考えてみて下さい。

 

例えば、暑く湿度の高い日が続くと不快で疲れますよね?そうすると温度・湿度のストレスが3になってしまいました。次に日々の偏食が原因で化学的ストレスも3になり合わせて6になってしまいました。この段階でストレスレベルが6です。あと空きは4つしかありませんね。

次にいつも足を組んだり姿勢悪く日々仕事をしていたとしたら骨盤や背骨は歪んできます。筋肉も硬くなり疲れやすい身体になってしまいます。そうなると構造的ストレス4が発生します。精神的ストレスがまだ入らなければいけないのに容量の10になってしまいました。

そんな状態で人間関係などの精神的ストレスを感じたらどうでしょう?後はもう自分では抱えきれないストレスになるだけです。そうなると自律神経の乱れにより様々な症状が出てきてしまいます。

 

ですが、知らなければやはり精神的ストレス=ストレスと考えてしまうのは仕方ありませんし実際4つの中では一番容量を占めると思います。ですがいくら精神的ストレスを考えても他の3つのストレスを考えなければ精神的にも良い結果は現れません。

 

身体の歪み・身体の疲れが良くなるだけで他人に優しくできると思います。

身体が痛い時や、疲れている時はイライラしやすくなり性格まで悪くなってしまいますよね。このように構造的ストレスを改善するだけで精神的ストレスも良い方向へ向かいます。

人間ストレス0の生活等できるはずもありません。先ほども言ったように乗り越えられるストレスは良いストレスです。人間は適度なストレスは必要なのです。 

 

自律神経失調症・うつ病の方はこの4つのストレスを理解していただき改善に向かうお手伝いができればと思っております。

 

交感神経と副交感神経の主な働き

                   交感神経               副交感神経
  1. 瞳 孔             大きくなる             小さくなる
  2. 涙 腺             分泌抑制              分泌促進 
  3. 気管支              弛緩                 収縮 
  4. 血 管               収縮                拡張
  5. 胃の動き            悪くなる             活発になる
  6. 胃液の分泌            減少                増加
  7. 血糖値             高くなる               低くなる
  8. 呼吸数             多くなる              少なくなる
  9. 血 圧              高くなる              低くなる
  10. 唾 液             少なくなる              多くなる
▲このページのトップに戻る